FC2ブログ

BASE FOR REST

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山神茶/烏龍茶づくり

あるあたたかな初夏の日、茶人の堀口一子先生と、森の近くの神社まで茶摘みに出かけました。

今日は烏龍茶[青茶]をつくります。

IMG_9097.jpg




神様のおひざ元から、すこしだけお茶の新芽を分けていただきました。

IMG_9080.jpg

茶と藍、よく合いますね。
タイムスリップしたような錯覚。

IMG_9099.jpg

すこし時期が遅かったようですが、できるだけ若い葉を頂いてきて、天日に当てます。

IMG_9103.jpg

その後、竹笊の上でふりふり。
2~3時間も降ってたでしょうか。葉の表面に細かな傷を付けることで発酵がすすみ、すこしずつ香りが立ってきます。

十分なところで、火入れ。
これで発酵を止めて、風味を込めます。

IMG_9114.jpg

次、手ぬぐいに包んで、もみもみ、こねこね。(揉んでいる途中の状態↓)

IMG_9119.jpg

ねじりを入れていくと、さらにお茶らしい、美味しそうな香りに変わっていきます。不思議~

最後にもう一度、今度は遠赤外線効果のある陶器の耐火皿の上で乾燥させ、完成。



ここまでお昼ご飯をはさんで、所要時間約4時間。
手づくりのお茶ができちゃった!




各人の揉んだお茶を飲み比べたんですが、なんと、それぞれ香りや風味がちがうんです!
同じ木から採れたのに、なぜ?!面白い!

漠然と「茶づくりは専門の機械と技術のある人じゃなきゃムリ」と思い込んでいたことを反省。

一子先生は医食同源の中国茶をもっと身近なものにしてほしい、との想いで活動されてるんですが、この日茶づくりを体験して、すんなり納得しました。
何より、美味しいんですよ、この4時間出来たお茶が。とっても。

中国茶は淹れ方もとてもシンプルです。



器具を温めたら、あとは熱々のお湯を注いで、抽出して、いただきます。
しかも、何煎もいける。



ちびりちびり、お猪口のような湯飲みでいただくのがまた、楽しい。
おしゃべりにも花が咲きました。うふふ


滋賀県はお茶の産地でもあり、お家にお茶の木をお持ちの方も多いですが、日本茶づくりはもうすこし手間がかかるそうですし、お茶製造屋さん?も減っているので、なかなか活用できてないお宅もあるそうです。
家族で食べる味噌や梅干しをつくるぐらいの感覚で、烏龍茶づくりがもっと広がったら良いなあ。

うちは来年もまたやろーっと。
だって、本当に美味しいんだもの!

一子先生、ありがとうございました。

スポンサーサイト
  1. 2014/06/17(火) 12:00:00|
  2. ◆ EVENTS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。