FC2ブログ

BASE FOR REST

「はじめてのランニング講座〜4.2195kmの道〜 」のおしらせ

穏やか春日和が続きますねー。あちらこちらに咲く鮮やかな花に目を惹かれます。
暖かくて過ごしやすい季節なると、ヨガやウォーキング、ランニングなど、身体を動かしたくなるのは動物としての本能なのでしょうか。

積極的にカラダを動かし、生活リズムの中に運動を取り込むことは、心身ともに健康的に過ごすためにはとてもいいことです。

さて、今回は「はじめてのランニング講座〜4.2195kmの道〜 」のご案内です。


ランニング講座



少し冷たい風の心地よい春。今年こそランニングデビュー!
そんな風に気合いを入れて、いざ走り始めたものの…あれっ?
思うようにカラダが動かない…。

なんかすぐに疲れる、腰が痛い、膝が痛い…。
朝、時間がない…。

理由はなんであれ、走りたいのに続けられない人、続かない人、走ることを諦めてしまう人も実は多いのではないでしょうか。
そもそも日本の学校教育で正しい身体の使い方や走り方を丁寧に学ぶ機会は僕の経験ではほぼありませんでした。
せいぜい、肘をひくとか、前を見ろとか、足あげてー…がんばれーとか…。
学生の時は今思うと、まー無茶してましたね。

当然、今まであまりカラダを動かさずに過ごしてきた人が子供のときのままの感覚で何も考えず走れば、すでに筋力や柔軟性を失い、体重の増加したカラダは壊れます。

今、壊れてなくても、生涯故障なく走れるとは残念ながら思えません。おそらく両膝にサポーターとテーピングをしながら走ることに…。もちろん、コツコツと丁寧に自己の身体の状態を観察し、トレーニングできる方は別です。

マラソンレースなどに出ない人にとって、5kmを自分の身体にあったフォームで気持ちよく走れたら、健康の為には十分だと思います。健康が目的なら、カラダを酷使してまで無理に長距離・長時間走る必要もありません。

ただし、5kmほどの距離を気持ちよく歩けない、走れないというのは自らの身体の機能をまだ十分に活かしきれていないのではないでしょうか。

とてつもなく長い時間をかけて進化し、大陸を歩き続けてきた人類には既にすばらしい運動機能が備わっています。ただ、野性的な身体の使い方を眠らせてしまっているだけです。

人間本来の走り方を学びましょう。

機能的で美しい自分にあったフォームを身につけて、気持ちよく地球を走り続けてみたくありませんか?

僕は生涯、4.2195kmランナーでいたいです。何才になっても世界中を走りたい。

カラダは変わります。ある日、劇的に…。



「はじめてのランニング講座 ~4.2195kmの道~」第1回目/全3回
日時:4月21日(月曜日)11:00 - 12:30
参加費:1,500円/人
定員:6名
最少催行人数:4名
講師:ウエノチシン
申込み:080-5779-8113 BASE FOR REST


スポンサーサイト



  1. 2014/04/10(木) 10:00:00|
  2. ◆ EVENTS