BASE FOR REST

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノラノコ+欽佐エ門=ノラエ…

【ノラノコ+欽佐エ門=ノラエ…】

みなさん、お久しぶりです。
ようやく、長い冬も終わり、ついにノラノコが動き始めましたよー!

今年はお米作りだけでなく、「百姓欽佐エ門」こと中山欽司さんを特別講師としてお呼びして、0から畑作りも学ぶことになりました。

今年も春分の日がその記念すべき1日目。
昨年度は吹雪の中、道具箱を作りましたが、今年は見事な小春日和。

あったか〜い。うーん、今年もシアワセな一年になりそうだ。

午前中は座学と交流の時間。
欽佐エ門流の野菜の作り方をスライドを見ながら説明してもらいました。
無農薬、無肥料、不耕起、身土不二、販売は3里まで…中山さんの熱い思いを楽しく熱語っていただきました。「わら一本の革命」の著者、福岡さんの考え方にも通じる話も。そのあと、みんなの自己紹介。みなさんいろいろな思いを持って、県内外いろんなところから集まってくれました。これから1年間よろしくお願いします。

お昼を食べたら、さっそくがっつりと畝立て。
もともと、田んぼだったところを水はけの良い畑に変えていくために、剣先スコップを効率よく使う方法を教えてもらいながら、みんなで頑張って畝を立てていきました。
たぶん今頃みんな筋肉痛になってるだろうな。痩せるのはまだまだ。
1ヶ月間、畝を覆う黒マルチを張って、そのあとから種まき。この畝が1年間みるみると変化していくのが本当に楽しみ。

ノラノコ2年目のメンバーと今年から参加してくれる新メンバー。
菜園未経験者の方も多いですが、1年後にはきっと欽佐エ門流の虜に。

楽しい農業体験として終わるのでなく、この1年間の学びでしっかりと自らの手と頭を使い、自給用の畑を小さくても作れるようになってもらいたいと思います。

ちなみに僕は今日の朝、畑の隅っこに欽佐門流の畝を立て、Y夫妻に頂いた苺の苗を植えときました。明日は、森の畑の畝も作り直して、また苗を植えようと思います。
さっそく欽司さんの技が役立ってます。ふふふ。
これからは欽二郎と名乗ろうかな?まだ早いか…
それとならノラエモン?
安直すぎか。

まーまーそんなこんなで畑つくりをまずは愉しみましょう。

ではではまた来月お会いしましょう。
欽司さん、みなさん、一年間どうぞよろしくお願いします。

ノラノコ
畑担当
チシン



スポンサーサイト
  1. 2015/05/28(木) 16:46:36|
  2. ◆ ノラノコ

自然に学ぶ ノラノコー畑の日

<自然に学ぶー畑の日>

IMG_3934.jpg

畑が生き生きしてきました。

少しづつかわいい芽や花がみられるようになりました。
1年前は草だらけの地が毎月、みるみると変化していきます。
ジャガイモ、オクラ、落花生、二十日大根、綿、トマトの世話をして、また畝を作って、今週も畑も人も生き生き。

今週は、田んぼ隊と藍隊も合流しての活動だったので、とっても賑やかな1日となりました。それぞれが、自分にできることをみつけてもくもくと作業。子供達はあいかわらず、遊びに夢中…あっ、でも子供達も水路作りを手伝ってくれました。

IMG_3867.jpg

畑は田んぼと違い、基本的水が溜まってはいけません。
とは言っても、今のノラノコファームはもともと田んぼなので、雨が降らない限りカチコチに。このままでは鍬もささらないので、困った困った。

カチカチに固まる粘土質の田をいかに肥沃な畑へと変えていくかはとても大切。

今は牛糞や鶏糞、落ち葉などの有機物やその他もろもろを鋤きこむ方法が一般的なのかな?近所のおじさんたちにもよく言われる。

でも、ノラノコファームはなるべく持ち込まないことを基本としているので、自然の力にまかせることに。ちょっと時間はかかるけど、やっぱり自然にはかなわない。

IMG_3856.jpg

川のあるところに人が住み、文明が栄えていったように、ほとんどの植物も水のあるところから始まります。渇いた土地に川や池を作りましょう。

そうすれば、少しずつ水を好む植物も動物も集まって、とても賑やかな生命のある大地に変わっていくはず。

はさ掛け用の竹をおく為の棚も作りました。
なるべく材料を無駄にしないよう竹製の棚を組み、ドームの横に設置しました。
秋まで腐らないようにしないといけないので、もう少し工夫しないと。

百姓は与えられた状況にどれだけ臨機応変に対応することができるかが、とても重要。

野良仕事の土作りはカラダ作りです。
ちょっと大変だけど、そこには失われつつある身体感覚が目覚めさせるヒントがたくさんあると思います。

紐の結び方や、畝の立て方、手の動き、足の動き、さりげない動きの中にして学ぶべきことがたくさんあります。

来月も自然と人からたくさん学んで、生き生きとした野菜と身体を手に入れましょう。






  1. 2015/05/16(土) 16:39:13|
  2. ◆ ノラノコ

ノラノコ万歳!


さいごはカラダの大掃除?

近くの温泉に行ってきました。
偉そうなおじさんが露天風呂でロシア人の青年に日本語で説教をしていました。
別のおじさんはロシア人のおじさんとロシア語で楽しげに会話していました。
久しぶりにロシア語を聞いて、チェブラーシカを思い出した。
ちょっと幸せな気分になった。

さて、2014年、最後の振り返り…
やっぱり今年の最後はノラノコでした。

DSC02339.jpg


12月6日にノラノコの収穫祭がありました。

祭りと言っても決して派手なものではなく、静かに最後の時を迎えました。

収穫したお米をみんなに分配して、稲木を解体し、輪になってすり鉢で籾摺りし、そのお米を炊き、持ち寄ったおかずとお米をみんなで美味しくいただきました。

DSC00617.jpg

今年の3月から始めたノラノコのシアワセな米作り。
月に一度の共同作業日に、集まった仲間で自然農の米作りを学んできました。
雨の日も、雪の日も。日照りが続く日も、台風の日も。

DSC02583.jpg

今までの人生でこんなにお米を見つめてきたことはなかった。

いわゆる田舎の兼業農家の息子として育ってきた僕はまともに父の田圃を手伝うことはなかった。それは慣行農業のやり方にどうしても慣れなかったから…農薬や化成肥料の匂いを嗅ぐ度に嫌になり、距離をおくようになっていた。

ただ、それでも父が懸命に作ったお米をあたりまえのように食べて育ってきた。

それは何年も何年も矛盾の中で生かされてきた時代。

DSC01582.jpg

ノラノコの活動を一年間取り組み、ようやく父の田圃を手伝う準備ができた気がする。

老いていく父もいつかお米を作れなくなる日が必ず来る。
そのとき、はたして僕は家族のお米を作ることができるのだろうか…

今からでも遅くないかな。

DSC00613.jpg

お正月に自分たちが作ったお米を食べてもらおう。
そして、父が作ったお米もまたいただこう。

いつもどうりでいつもとは違う関係に。

父のように家族のお米を作れる人間になりたい。

一歩づつ、一歩づつ。
僕はようやく父と同じ土の上で生きはじめた。

できればまた来年もお米をつくりたい。
できれば次の世代に受け繫いでいきたい。

父は父のやり方で。僕は僕のやり方で。

これからはじまる新しいストーリー。

DSCF7898.jpg

今年はノラノコの活動を通して、たくさんの素敵な仲間にも出会え、本当に大切なことに気づくことができました。一緒にお米を作ってくれたみんな、本当にありがとう。
藍に染められた美しいノラふくを作ってくれたchar✴︎のマナミン、ありがとう。

IMG_9158.jpg

1年間、熱心に米作りを教えてくれたsatosato ほんとうにお疲れ様。
いつも言葉では伝えきれないけど、ありがとう。
2人のおかげでたくさんの幸せな顔をみることができました。

また家族のように集える日を心から楽しみにしています。

IMG_0874.jpg

いよいよ、年が明けますね。

今年もほんとうにたくさんの人にお世話になりました。
心より感謝します。ありがとうございました。

来年はさらに自然に還りたいと思っています。

2015年もよろしくお願いします。

それではみなさん、よいお年を。

DSCF7943.jpg

今年はharuka nakamuraさんの「光」を聴きながら、締めくくります。

チシン
  1. 2014/12/31(水) 23:20:27|
  2. ◆ ノラノコ

みんなの田植え

6/21、22日の2日間、ノラノコの田植えをしました。

DSC00094_201406270944595e3.jpg 

春分の日からお米作りを始め、はじめはなかなか芽がでなかった。
随分と心配しましたが、ある日いっせいに土中から芽を出し、雑草たちとともにみるみる成長していきました。
途中、何度かヒエなどの雑草を抜き取りながらその成長を2ヶ月間見守ってきました。

先週ようやく2枚の田んぼに立派に育ったその苗を植えることができました!

続きを読む
  1. 2014/06/27(金) 12:00:00|
  2. ◆ ノラノコ

そろそろ苗を植えましょう。

そういえば、スタートしてからブログではまだ一度も触れたことがなかったかも。
BFRは、satosatoと協力してノラノコという、より自然に寄り添った暮らしを探る活動を始めました。

1653523_623326387722431_876505970_n.jpg

『ノラノコ楽団は、
自然によりそいながら、自分たちの手で「つくる」ことを通して、自由に、愉しみながら、生きる力を育み、音楽を奏でるように自然体な暮らしを探る集まりです。
昔は当たり前のこととしてあったいのちの大切さ、暮らしの智慧。食や住まいや衣にまつわること…脈々と受け継がれているものもあれば、なくなってしまったものも。
そんな様々な智慧を 興味のある仲間と共有しながら、自然のあり方、いのちのあり方、自分自身のあり方について、探求していきたいと思います。』


その第一弾が、自然農のお米づくり!
自然農での野菜作りはチシンが前からしていたのですが、お米は初!
いろんな縁が繋がり、この春ようやく新たな一歩を踏み出せました。

続きを読む
  1. 2014/06/13(金) 09:00:00|
  2. ◆ ノラノコ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。